海外のレイキ

日本発祥のレイキが海外でどのように活かされているか、海外の有名大学病院のウェブサイトなどを翻訳して紹介しています。文は各Webページから転載し、英文には日本語訳をつけています。

 

1. ブレストキャンサー・ドット・オルグ(乳がん撲滅機構)(アメリカペンシルベニア州)

2. ダナ・ファーバー研究所(アメリカマサチューセッツ州)

3. ジョンズホプキンス病院 (アメリカメリーランド州)

4. コロンビア大学メディカルセンター(アメリカニューヨーク州)

5. テレビ番組でのレイキ紹介

6. ロンドン大学病院(イギリス)

7. ユニロゴス大学(ブラジル)


1. ブレストキャンサー・ドット・オルグ(乳がん撲滅機構)

乳がんと向き合う際に必要な医学的知識や最新情報を掲載し、患者本人だけでなくその周りの方々もサポートすることを目的とした非営利団体です。上記のリンクにあるレイキのせつめいをご覧ください。上記ページ下方の音声インタビューでは、外科医で医学博士でもあるデュプリー先生がレイキについて正確で分かりやすい説明をされています。続きはこちら。


2. ダナ・ファーバー癌研究所(アメリカマサチューセッツ州)

https://www.dana-farber.org/legacy/uploadedFiles/Library/health-library/articles/reiki-teaching-sheet.pdf

 

ダナ・ファーバー癌研究所はアメリカ国立癌研究所指定癌センターのひとつです。上記リンクはPDFに飛びます。下に一部訳をつけました。続きはこちら。


3. ジョンズホプキンズ病院(アメリカメリーランド州)

世界でも優れた病院のひとつとして広く認知されているジョンズホプキンズ病院(アメリカメリーランド州ボルティモア)の上記ホームページに、レイキについての記述があります。(転載不可とされているため、日本語訳のみ載せました。)

■ 原文では、臼井甕男(うすいみかお)先生を「Dr」(博士)としていますが、日本語訳では「先生」と訳しています。

■ ページ下では国内はもとより、海外からの患者さんのための受付案内もあるのは驚きです。続きはこちら。


4. コロンビア大学メディカルセンター(アメリカニューヨーク市)

アメリカニューヨーク州ニューヨーク市にある、コロンビア大学メディカルセンターで実施されているレイキプログラムの案内です。訳をつけて紹介します。続きはこちら


5. テレビ番組でのレイキ紹介

地球イチバンセレクション「世界一の癒しの大地アメリカ・セドナ」旅人、川原亜矢子さん。2014年10月16日放送されたそうです。大阪府高槻市の現代レイキマスター、レイさんのブログから。続きはこちら



6. ロンドン大学病院(UCLH)

https://www.uclh.nhs.uk/OurServices/ServiceA-Z/Cancer/CSS/CCT/Pages/Home.aspx

上記ロンドン大学病院のウェブページで、アロマテラピーやマッサージの下にレイキの説明があります。海外では、レイキはマッサージと混同されがちですが、必ずしも体に触れないと説明されています。続きはこちら


7. ユニロゴス大学(ブラジル)

https://unilogos.org/project/gendai-reiki-ho/

 

ブラジルのユニロゴス大学では現代レイキコースを受講することができます。

2000年頃からレイキプログラムが始まり、2018年4月にはブラジル連邦政府教育省で大学の正式なコースとして登録・認可されました。

happy-reikiでも「レイキマスターさん」として紹介している、アメリカのジュリア鈴木亮子さんによる情報です。

 詳しい内容・写真等は現代レイキマスターのレイさんのブログで紹介されています。